ブログパーツUL5 展示のお知らせ アートフェア東京2012 | 狩野宏明  つぎはぎの奥行き
日々の制作と生活
展示のお知らせ アートフェア東京2012

アートフェア東京2012に出品します。

昨年から今年にかけてフィレンツェで制作した油彩、水彩、コラージュ、ペン画
約8点をギャラリー広田美術ブースにて展示します。
今は、先週日本に送った作品が無事届くことを祈っているところです。

会場に行けないのは残念ですが、
久しぶりの日本での展示なのでとても楽しみです。

今回のギャラリー広田美術ブースは僕を含めて5人の作家のグループ展になるようです。
ブース内には、寺内誠さんの絵画をメインとして、山内隆さん、井原宏蕗さん、
榎本裕一さんの作品が展示される予定とのこと。

僕の作品はと言えば、
ブースの外側の壁面に展示させていただくことになっておりまして、
さながら"裏”広田美術の様相を呈することになる予定です。

3月30日(金)~4月1日(日)までの3日間と、会期は短いですが、
ぜひご高覧下さい。
そしてご感想、ご意見、ダメ出し、その他諸々いただけますと
大変ありがたいです。

よろしくお願いいたします。


東京アートフェア2012
3月30日(金)〜4月1日(日)
東京国際フォーラム

http://www.s329.hosting-srv.net/




出品予定作品の部分画像を公開します。























イタリア comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








お〜!洋平元気!?
相変わらず忙しそうだね。

絵を観に行ってくれてありがと〜!!

「常に外界の不穏な空気にさらされている感覚」
「外界と同化したいという密かな理想」

どっちもあるね〜。
身体の内部を風景として外在化させることで、
人間の内部環境と外界の環境、個人的な感情と集団意識といったものをいっしょくたに表現できないかな、と思って描きました。

食生活も含め、イタリアで暮らしていることが作品の展開に大いに影響してます。
from. 管理人 | 2012/04/05 08:21 |
父母とアートフェア行ってきました!
体の中のいろんなものが外界にむき出しになっている!ひりひりするー。
常に外界の不穏な空気にさらされている感覚という宏明君の感心をさらに推し進めたのかな、と感じました。外界と同化したいという密かな理想のようなものも。が、着想はイタリアで食べたソーセージとか肉食生活からきてるのかも、とも思いました(笑)
会場では、神田の老舗古本店「小宮山書店」が所蔵している?作品も展示されていて、社長とは知り合いなので、ぜひ狩野作品を見てもらえるよう頼んでおきました。
from. 洋平 | 2012/03/31 15:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kanohiroaki83.jugem.jp/trackback/243
<< NEW | TOP | OLD>>